遊ぶ

2017/03/30

スペイン古橋

Old Spanish Bridge (Taleyfak Bridge)

南部エリア

観光

18世紀のスペイン建築を感じる
定番の観光スポット

18世紀後半のスペイン統治時代に造られた眼鏡橋。当時のスペインの建設技術を駆使して設計されたと言われています。正式名称は「タライファク橋」。アメリカの史跡記念物に指定されています。とても小さいので見逃し注意!

18世紀のグアムを感じてみよう!

グアムの有名な観光スポットである「スペイン古橋」。グアム島の南西部にある本当に小さな橋です。

この橋は、18世紀のスペイン統治時代に架けられた橋で、スペインの建築技術を駆使して設計されました。もともとは木製だったそうですが、石灰岩を素材として作り直されたそうです。今でも当時の面影が残り、二重のアーチがスペイン建築を感じさせます。歴史的に重要な建造物として、アメリカの史跡記念物に指定されています。

下を流れる川が「タライファク川」で、橋の正式名称は「タライファク橋」だそう。橋の特徴から、通称「スペイン古橋」や「眼鏡橋」と呼ばれています。

本当に小さな橋ですが、当時はウマタックとハガニアを結ぶ橋として、重要な役割を果たしていたと言われています。
ウマタックは、今ではのんびりとした田舎の村ですが、1521年に探検家マゼランが上陸した場所で、フィリピンとメキシコを結ぶ貿易の中継地として栄えていました。スペイン人の村落ができ、都としての機能を果たし、グアムの最初の首都であったと言われています。
ただ、ウマタックは山と湾に囲まれ、面積が小さいことから、首都が利便性の良い島の中心地ハガニアに移されることになります。その際に重要な役割を果たしたのがこの橋だと言われています。

橋は今でも自由に渡ることができます。 ただ、幅が狭く、柵や手すりはないので、すべり落ちないように注意してくださいね。

橋からの眺め。すぐ海に繋がっています。少し前までは、木々が生い茂っていましたが、最近キレイに整備され、視界が少し開けました。

「スペイン古橋」はアガット地区、2号線沿いにあります。南部ドライブの途中に通る道なので、レンタカーで気軽に立ち寄れます。滞在時間は10分〜15分もあれば十分かと。
  ガイドブックなどでは、ニミッツビーチから約300mほど南という説明がありますが、個人的にはニミッツビーチもちょっと分かりづらい気がします。
よく目印にされるのが橋の隣に建つ売店です。売店の手前に生い茂る木々の中にひっそりと橋があるのですが、最近整備されたおかげで、初めての方にも分かりやすくなったと思います。

フォトギャラリー ※画像をクリックすると拡大します。

基本情報

住所など

Agat, Guam 2号線沿い

電話番号

営業時間

終日開放

休業日

無休

利用可能カード

日本語

wi-fi

なし

送迎サービス

なし

その他

【見学料】 無料

アクセス

【車】
タモンから1号線を南下、海軍基地前で2A号線へ左折、そのまま道なりに2号線を南下すると右手側にあります。タモンから約40分。

カテゴリから探す

行きたいエリアから探す

ローカルグアム新着情報

幻想的にライトアップされたプールサイドで、本格的な炭火焼きBBQが楽しめます。自分で焼くス...

海に沈む美しいサンセットを眺めながら、ボリューム満点のブッフェを楽しめます。ショーが始まる...

贅沢なシーフードやアメリカンビーフステーキが楽しめるカジュアルなレストラン。味付けはチャモ...

世界各国のエビ料理を提供するレストランの2号店。マリンテイストで爽やかな印象の店内には、可...

ステーキからシーフードまで、新鮮で厳選された食材を使った本格バーベキュービュッフェ。飲み放...

地元民の投票で決まる「ピカズベスト」で2015年にベストブレックファスト賞を獲得した、人気...

『ザ ウェスティン リゾート グアム』内にあるレストラン。「ピカズベスト2017」ブッフェ...

パシフィックスター・リゾート&スパ内にあるレストラン。水曜日は手作り飲茶がいただける中華料...

アメリカ西海岸の漁師小屋を思わせるカジュアルな店内には、新鮮なシーフードがズラリ。その中か...

タモンの北側、ガンビーチに建つレストラン&バー。気持ちの良い潮風が吹き抜けるオープンエアー...